2010年12月03日

【お勧め】維新派『台湾の灰色の牛が背のびをしたとき』

 
維新派 『台湾の灰色の牛が背のびをしたとき』 彩の国さいたま芸術劇場 ¥5,000〜¥3,000
作・演出:松本雄吉。 
 
初日を見てきたのですが、瀬戸内海は犬島での夏の初演とずいぶん感じが変わり、完成度が上がって、どなたにもお勧めできる仕上がりになりました。この週末は魅力的な公演が多数ありますが、これを最優先にすべきです。新国の平山素子にA席¥5,250かけるくらいなら、悪いこと言わないから¥5,000でこれを見ましょう。
 
維新派は野外演劇が売りですが、実は劇場上演の方が打率が高いと思う。幼稚園児みたいな扮装をした白塗りの人、大阪にいそうなムームー着たねーちゃん、20世紀初頭のNYのイタリア人街にいそうな男の3チームが出てきて、以前はヂャンヂャンオペラと称していた、ケチャとラップの中間のような台詞回しと、特異な身体操作で見せていきます。
 
内容は、20世紀前半の太平洋の歴史を、主に日本列島からの視点で南北逆さに思いだしていくもの。これ、本当は帝国劇場で上演しなきゃいけないなあと思いました。80歳以上は無料、70歳以上半額とかで。紙の上で歴史は学べるけれど、そこにあったはずの心のあり方は、演劇などを通じて想像するという手続きがどうしても必要。見終わって、この作品が心に残るのでなく、この作品の向こうにあるものが心に残る、そんな感じです。残日程は次の通り。
 
  2010/12/3 Fri. 19:00
  2010/12/4 Sat. 13:00
  2010/12/4 Sat. 18:00
  2010/12/5 Sun. 13:00


posted by cadeau at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。