2013年10月01日

ボヴェ太郎『 implication ― 風景として響きあう空間と身体― 』(2007)舞台評再録

2007年にCorpusという同人誌に寄稿した、 ボヴェ太郎 の『 implication ― 風景として響きあう空間と身体― 』 という作品の舞台評を再録します。

ボヴェ太郎『 implication ― 風景として響きあう空間と身体― 』

 暗闇の中に刷毛で掃いたようにごく淡い光の帯がかかっている。さしわたし一メートルほどだろうか、わずかに幅を広げながら右から左下に弧を描いている。そこに横向きに立つ黒衣の人。両腕を上下に開き、その指先がオレンジ色に浮かび上がる光の上辺と下辺にそれぞれかかっている――
 ボヴェ太郎(本名である)は八一年生まれ。〇三年のトヨタ・コレオグラフィー・アワードで決選に残ったことで知られるようになったが、それでも一部の注目を集めたにとどまり、今に至っても認知度が高いとは言えない(どちらかと言うとかなり低い)。誘いに応じてかつて一時期を過ごした京都に戻った背景にはそうした事情もあるのだろう。いまは伊丹アイホールのテイク・ア・チャンス・プロジェクトの共同製作アーティストに選出されており、今回の公演もその一環である。
 ボヴェはいつもと同様に、足元まである黒い長衣を着ている。独特の動きを生むのは大きく広げられたしなやかな腕。一方の指先から肩を通って他方の指先へと続く線が螺旋状のS字型をしている。胸を突き出し、引いた腰を少し落とした姿勢の全体も、片方の肩から床まで流れ落ちる、マニエリスム的な蛇状曲線のていをなす。長衣のかげの細かいすり足に導かれて、絶えず変動するそれぞれの曲線を動きの力線がたどるにつれ、流麗でどこまでもとどまらない独特の動きがそこに現れる。それらの三次元曲線は、囲まれた空間を体にまといつかせることで、身体の空間を拡げてもいる。
 こうして生み出される滑らかで継ぎ目のない動きには麻薬的な効果がある。短剣を持って舞う踊り手に見惚れているうちに、気がつくと剣が喉元に擬せられているという、暗殺をこととするモロー族の舞い(*1)もこのようなものだったかと想像する。ときおり肩が押しとどめられて運動に変化が与えられるが、それは踊り手の作為というより、動きが「底」に突き当たったための反転と見える。
 今回の使用曲はバッハ、クープラン、ラヴェル、アルヴォ・ペルト。ボヴェはその場で鳴る一音を純粋に響きとして聴こうとする。ボヴェの狙いは、体が外界のものや人、それに音や「間」との関係により動かされることである。このため自身の身体に対するコントロールも可能な限り排される。踊りを「作る」のでなく、場の「ゆらぎ」がそのまま動きになる。
 深瀬元喜とボヴェ自身による照明、美術もこの思考と一体である。わずかな明かりに頭と肩の輪郭だけが浮かび上がるボヴェ、天井まで一面に広がるモアレ模様の前の薄暗がりにたたずむボヴェ――舞い手は時空間の流れにいっとき浮上した泡であるかのようだ。流れの中から浮かび出て、しかも流れと別物でない。
 ダンス公演の数が極端に多いいまの首都圏では、流行に乗らないダンスは単に埋もれて終わる。こうした重要な舞踊家を丁重に遇することができる関西の状況に、ある種の羨望を覚える。(七月十四日)


(*1) 佐藤史生『夢みる惑星』に登場する架空の踊り。

初出:『Corpus no.3―身体表現批評』(2007/10)


posted by cadeau at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。