2005年01月07日

驚愕のDance Europe

昔『哀愁のヨーロッパ』って曲、なかったっけ?ちなみにタイトルはそれとはまったく関係ない。

Dance Europeの1月号が来た。いつも裏表紙が見える状態で透明な袋に封入されてくるのだが、今月の裏表紙はサンシャの広告。やけにきれいなカップルがライモンダっぽいキメポーズを取っている写真で、あまりの美しさにいそいそと開封した。ハンガリー国立バレエのダンサーらしい。ハンガリーにこんなきれいなダンサーがいるのか。まあ東欧圏は西欧で活躍するダンサーの隠れた供給源だから、うまかったりきれいだったりする人がいても不思議ではないのだが。

でひっくり返して表紙を見たらビックリだ。今月の表紙と巻頭インタビューはなんと熊川哲也なんである。ついこないだ竹島由美子が巻頭インタビューになったばかりでまた同じ国の人でいいのかとか思うが、あまり関係ないのかな。インタビュー内容はKバレエの熊川版『ドン・キホーテ』についてのことが主。いつもより短めなこともあり、ある程度熊川について知っている人にはそれほど目新しい内容はなかった。

同じ筆者(主宰のエマ・マニング)の巻頭言がその取材記みたいな内容だったのだが、そっちもある意味一層驚くべき内容。日本にはバレエ団はたくさんあるが、有給の職はほとんどなく、公演の衣装もそのキャストが費用を負担することが多い、などと明記されてしまったのだ。一応メジャーな雑誌なので、これで日本の現状が満天下にバレてしまったわけである。NBSの佐々木忠次さんも海外ツアーの折りなどにそういうことを言っているらしいが、ダンスワールドに対する浸透力という点では今回の方が大きいだろう。

大変いいことだと思う。東京圏に10個以上もひしめくオーケストラはほとんどが有給だ(と思うけど)。なのにバレエやダンスにはお金が回らないなんて恥ずかしいには違いないが、隠せば今の状態が続くだけ。正確な現状が広く認識されることが、打開するにしろしないにしろすべての第一歩である。

余談ながら、日本は官を筆頭に何でも隠す文化。ヨーロッパや、特にアメリカはマゾヒスティックなまでに公開する文化。いずれも一長一短あるのかもしれないが、日本はいくら何でも隠しすぎと思うことが多い。バレエ界のお金のことなんて誰も公言しない(普通の観客よりは内側にいる我々にも具体的なことはまず伝わってこない)。主要ソリストが退団してもプレスリリースも出さない。ダンサーの年齢も意味ないほど隠す。外国の新聞や雑誌は遠慮なく年齢を書く(たとえ女性ダンサーでも)。今回の熊川の記事も、リードが「15年ほど前…」と始まって、本文の最初は「今、32歳」と入っている。日本語の文章は、報道でさえも「いつ」という要素がきわだって欠落しているが、時間的順序関係がわかりにくくされていることが、いわゆる「日本語の非論理性」とも関係しているかとも思う。因果関係を追うには時間の把握が必須だからだ。

閑話休題。実は今号にはもっと驚く記事がある。訃報。アリシア・マルコヴァ死んじゃったのか。知らなかったよ…。イングリッシュ・ナショナル・バレエの総裁で、ダンサーを指導している場面を映像で見たことがあるが、その腕の美しさと言ったら! マルコヴァ亡き後、誰がENBの技術面での精神的支柱になれるだろうか。今も技術的にはかなり低い状態と思われるENBをおそらくは心配しながら亡くなったのかと思うと気の毒でならない。

同じ訃報欄に、ウヴェ・ショルツ、セルジュ・ラヴォワの訃報もあった。ショルツは45歳、ラヴォワは41歳。若い。てゆーかウヴェ・ショルツってそんなに若かったのか!

最後にダメ押し。後ろから2ページ目になんと日本語の抄訳があった(それどころかよく見ると表紙にも日本語がある)。レイアウトがちょっと変で、ああこういう日本語組版、外国でよく見かけるよねと懐かしく思った。アエロフロートの機内誌とかたしかこんなじゃなかったっけ。ちなみに訳は長野由紀さん。ええっ、そんな訳?と思う箇所もあったが、紙数の関係で大胆な訳をしたと解釈できる範囲。たしか大変いいところの英文科出のはずで、本来は英語について私ごときが云々するなど恐れ多いような存在である。


posted by cadeau at 01:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ライプチヒ・バレエ団 〜 モーツァルトの ミサ曲 ハ短調 K.427 〜 (TV放映)
Excerpt:  好きな曲だから、何となく録画して見ましたが、'''モダンバレエで感動したの初めてかも……!!'''  '''画面越しでこ..
Weblog: EncycRopIdia 〜漫画・映画・書評・グルメなどなど
Tracked: 2007-03-17 22:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。