2015年02月20日

新国立劇場バレエ団『ラ・バヤデール』2015/02/19

新国立劇場バレエ団『ラ・バヤデール』
2015年2月19日 14時
小野絢子/ワディム・ムンタギロフ、米沢唯

ひょんなことからこの日も見ることに。やはりそこそこいい出来なのだが、感想を一言で言うと「もっとできるだろ」に尽きる。演奏は初日よりまとまってきて、オルガントーンに聞き惚れる箇所も増えた。低音部の弦(特にコントラバス)と管がしっかりしているが、『シンデレラ』のときと同様、低音弦を正面奥に配置している効果もあるのかな。ただ、いい演奏は序曲や間奏曲のように、幕が閉まっている間が主だった。この日は踊りに合わせる指揮ぶりで、初日より緊張感が薄れた。特に精霊の山下りは遅くしすぎて間延びした。

主役3人の芝居はやはりぴんと来ない。3人とも受けの芝居をしているような気がする。小野はノン・エモーショナルなシーン(たとえば大僧正の前)とエモーショナルなシーン(ソロルと二人きりのところ)を分け、前者は表情を減らして表現しよう、みたいな感じ。わからんではないが、表情を減らせば当然伝わるものも減るわけで、どうなのかな。表現の量と質を両方活用した方がいいのかも。花かごをもらうところなんか、驚きもなければ嬉しいのか悲しいのかもわからなかった。エモーショナルなシーンではがんばっている箇所もあったが、意外にもムンタギロフからあんまり芝居が返ってこない。きれいなんだけど情熱が薄いね。ソロルでそれはどうなのか。

米沢も演技をしていないわけではないのだが、なんかストレートプレイの演技のように見える。静止を多用して、心情は察してね、ってやつ。まあそこでカメラが寄っていけば効果的なのかもしれないが、人間の目はそう器用ではないのでね…。米沢に限ったことではないが、バレエは基本的に音楽劇なのだから、歌うように芝居した方がいいのではないかなあ。そこで芝居のスピードが重要になってくる。米沢は踊り終わりの、5番ポワントでキメるところも、ふらふらっと踏みかえちゃったし、本当に残念だ。平均点は高いがポイントをはずす人。いいダンサーには違いないが、成長に非常に時間がかかる。この人一人を育てるのにそんなに時間(というかステージ数)を使っていいのか疑問になってきた。ちゃんと育ったとしても、その頃には何歳になっているのか。

ニキヤに花かごを渡すのはガムザッティの侍女のアイヤなのだが、考えてみると実はけっこう重要な役だなあ。1幕2場でも2幕でもドラマの雰囲気を決める。アイヤは乳母とされたり侍女とされたりするが、別に若い乳母がいてもいいはずなのに今村美由起が若すぎるように見えるのはなぜなのか。今回見て、衣装が既婚女性の服装だからだと気がついた。乳母なら当然、自分の子どももいるはずなのだが、今村には既婚女性の生活臭がまったくない。花かごを渡すのも、どういう心情で渡したのか。お姫様のために積極的に手を汚すのか、自分の家族の生活を守るために心ならずも殺人に加担するのか。今村は好きなダンサーだが、雰囲気盛り上げ要員の一人という印象で、場面のベースを作る芝居心があると思ったことはない。この配役は不首尾だったということになってしまうのかな…。

では誰ならいいのか。生活臭なら大和雅美の右に出る人はいないだろう(次回上演までいるとは思えないが)。芝居心ならフルフォード佳林だが、キャラクターに使うのはもったいない。成田遥とか盆子原美奈とか、少なくとも衣装は似合いそう。あとはウルトラCとして、プリンシパル・ロールではないもののキャラクター・ロールではあるので、拝み倒して本島美和にやってもらう手がある。小野と米沢(または長田佳世)と本島で1幕2場を作ったらどうなるか、わくわくするね。もっとも、年配の女性キャラクターが極めて手薄なのはたしかなので、中途採用で誰か採るのが現実的とも思うが、国内には思い当たる人がなかなかいない。

ジャンベのアンサンブル、6人中4人はきちんとしてるが、おそらく初役の2人が位置や動線をわかってない。2回目でこれではいかんな。今回のアンサンブルで新国クオリティに達しているのはピンク・ガールズだけだった。五月女遥など、初日より余裕が出てうっとり。欲を言えば、アントルラセが目立つ場面なので、みんな脚を上げる位置を100%完璧にしてほしいが…。ブルー・ガールズも悪くないが、動きの前と後をきれいにつなげているのは堀口純と細田千晶の研修所組だけ。影のヴァリエーションも細田は大変いいが、寺田亜沙子と堀口は詰めが甘い部分が散見され、新国クオリティとは言いにくかった。托鉢僧がいい具合に野蛮。特に、主に上手奥にいたでかい人がナイスな雰囲気だった。

ムンタギロフの跳躍は見惚れるね。音の使い方もけっこう思い切っていて、音が鳴り終わる頃に踏み切ってゆったり感を出したりする。これ、誰もが考えるけど、うまくできる人はそれほど多くないと思う。以前の常連のデニス・マトヴィエンコほど完成した、ありがたい存在ではないが、たまに来てそれほど変じゃなければいいんじゃないの。


posted by cadeau at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。