2015年03月20日

新国立劇場バレエ団『トリプルビル』2015/03

新国立劇場バレエ団『トリプルビル』
2015年3月14、19日 新国立劇場中劇場

客入りが不振と話題だが、そりゃそうでしょ。値決めがちょっとおかしい。一万一千円弱のS席はまあまあ入っているが、八千五百円以上も払って1Fサイドのかなり横の方か2Fセンターに回されるA席はほとんど入っていない。六千五百円弱のB席は1F壁際か2Fサイド。少しは入っている。四千三百円強のC席と三千二百円強のD席は2Fサイド最後列(3列目)。完売で買えない。つまり、値頃感のある席が少なすぎるわけ。A席は論外だし、2Fサイドに六千五百円出すのも大変な勇気がいる。万一つまらなかったら後悔ハンパない。これじゃ買う人もなかなかいないよね。しばらく前に価格帯別の席割りを改悪したのが、数年たってじわじわ効いてきている。恐ろしいほど自業自得。

それに今回は3作品で合計わずか80分。これで一万円以上出してくれる人がいるのが不思議なくらい。上演時間125分のうち45分が休憩でコストパフォーマンスもよくない。だいたいなんで新国だけ休憩が25分なの?女性用化粧室も他の劇場より充実してるんだから、よそより短くてもいいくらいなのに。

『テーマとヴァリエーションズ』
いつも思うんだけど、タイトル『主題と変奏』でよくね? 一目で内容がわかるタイトルをつけるか、内容がまったく不明になってもカッコいいタイトルをつけるかは悩みどころだ。

小野絢子/福岡雄大(14日)は上半身が音楽の流れを作って、ほんの少し後から下半身でリズムを刻んでいく。ちょっとためて、たまった音符をまとめて処理する感じ。驚くべき音楽性に惚れ惚れする。長田佳世/奥村康祐(19日)は一つ一つその場で処理する。それはいいんだけど、長田は、ほとんど足を着くたびみたいな感じで流れが途切れる。不調なのかな。フォルムはすごくきれいなんだけど…。キメを細かく取って、そのたびに一度止めるのはありだと思うが、そこまでのところは流れてほしい。それにガルグイヤール跳べてないのが意外。跳べなくてもいいけど、テクニシャンだと思ってたので。

バックは基本的に形を変えていくだけだが、それでいい。むしろ、そこまで割り切れてなくて、きれいに見せたいと思いすぎな気もする。バランシンはフォルムとタイミングだったらタイミング優先だと聞いたことがある。殺伐と踊ってもいいくらい。というか、今回は、芯に気を取られて後ろまでなかなか見ていられなかったよ。ま、その方が全体としては望ましいので…。

女性が衣装をきわめてきれいに着ている。サポートしやすいようになのか、チュチュの後ろが少し短くて、そこが気持ち跳ね上がってるのがとてもかわいい。お盆そのものも、少し短くしたかもしれない。誰が決めたか知らないが、センスいいね。

男性は少しよろしくない。バランシンのこういう作品の場合、芯以外の男性は武士かライフガードみたいな感じ。堂々とはするけど心持ちワキに控える的な? 絶対に、自分をよく見せようなどというスケベ心を抱いてはならない。そのへんがちょっとね…。それにアントルシャ。新国だけじゃないけど、最近、脚をこするようにアントルシャする人が多い。バットゥリでしょ。打たなきゃ。そこで男を見せないと。

『ドゥエンデ』は、14日は最初のシーン、19日は最初と次のシーンを除いて大変よい出来。

私見では、ドゥアトのフォルムは横に薄いか縦に薄いか。2番か、前後に開いた6番。ちょっと極端に言えば、ターンインかターンアウトで、中間はない。そのへん、五月女遥なんかは、アティテュードも、曲げる角度を浅くした上に、脚先が中心線の反対側に出るくらいまで脚を後ろに引いて、縦に薄くしている。膝を落とす(脚をターンアウトしない)フォルムも多用される。

最初のシーンの本島美和や米沢唯(14日)は、膝を落とさずに立体的なフォルムにしているのがちょっと疑問だった。まあ振付的にそうしないといけないフォルムもあるから、そういうものなのかも。現代作品のスペシャリストのはずの丸尾孝子(19日)も大して変わらなかった。

もう一つ重要なのがスピード。録音音源なので勝手にスピードを変えることはできないが、アクセントのところをものすごくクイックにやると、俄然ドゥアトらしくなる。ブルノンヴィルかと思うくらい詰め込んでやる。そこが、頭書のよくないシーン以外は非常によくできていた。これは並大抵のことではない。

ともあれ、ドゥアト作品で、二、三のシーンを除いて世界レベルの上演ができるというのはすごいこと。もう少し頑張って、正真正銘世界レベルにしてほしいな。

『トロイゲーム』、どうして40年前のものを現代作品として入れるのかと思っていたが、なるほど、ユーモラスなイロモノを持っておきたかったわけね。でもどうかな。これをもう一度見たい人はどれくらいいるのだろうか。多くなければ、再演時に公演のコストパフォーマンスが落ちると感じられて動員が低迷することになる。

両日ともファーストキャスト。いじられ役の八幡が前面に出てきてからは楽しかったが、そこまではなかなか辛かった。マッチョをからかう作品で、世界的にバレエダンサーにマッチョなんてそうそういないので、体がマッチョじゃないのはかまわない。むしろ、そういうダンサーがマッチョを気取るから面白いわけ。だけど今のところ、マッチョをうまく気取りきれてない。まあ昔みたいにおどおどお互いをうかがうみたいなのが1人もいなかったのは大きな進歩かも。

ともあれ、19日に思ったのは「これ2回見る作品じゃないな」ってこと。新国の場合は(劇団四季同様)1公演を複数回見る観客を大切にしないと動員が伸びないのが現実なので、演目選びは大切よね…。


posted by cadeau at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。