2015年01月12日

今次テロについての雑感

自由主義世界で「言論の自由」と言うと、一般には「正当な言論」が保証されるという意味であり、そうでないものは名誉毀損などとされて許容されない。だが(いわゆる)風刺画を見る限り、シャルリ・エブドの基調は、正当とそうでないものの区別を否定し、すべてを相対化して笑いのめすという態度だと思われる。

言わば、敵を倒すついでに味方も倒してしまうという昔の映画のギャグとか、殺人が人類最大のタブーであるがゆえに、大した理由もなく(あるいはうっかり)人を殺すシーンを一種のギャグとして映画や演劇の中で使ったりするブラックな笑いに近いものだ。

これはある種の“高度”なギャグで、「笑えない」と眉をひそめる“良識派”が一定数いることが、この笑いには組み込まれている。“良識”こそが真っ先に相対化と揶揄の対象となるからだ。愚鈍な“良識派”を前衛が笑うという構造と特権意識がここにはある。愚かだと思われたくなければ支持するしかない、というわけだ。

したがって、この種の笑いに対しては、理解を示さない層、反感を持つ層が必ず一定数いることになる。そうした人たちの理解を求めることは、原理的にできない。ギャグが笑える理由を説明してしまったらもう笑えない。理解を求めるのでなく、反感を乞うのが彼らのコミュニケーションのスタイルなのだ。

だから今回の事件は、いい悪いとは別に、想定される必然的な帰結の一つと言わざるを得ない。

今回の不幸はどうすれば避けられたのか。知識人がシャルリ・エブドの笑いの構造をきちんと分析し、批評し、読者がどのように受け取るべきかを解説し、“良識派”の立場から同紙の“行き過ぎ”を警告していればよかった。“愚かな良識派”と思われることを恐れるべきではなかった。

それはシャルリ・エブドにとっても願ったり叶ったりのはず。もともと相対主義者なので、「言論は自由、批判はすべて失当」という立場に立つのは本来おかしい。愚かなはずの“良識派”の鋭い批判との緊張関係の中こそが彼らの正しい位置だったはず。「言論の自由」の美名の下に放任されたことが言論の死を招いたのだ。


posted by cadeau at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

ユニバーサル・バレエ 『ジゼル』

2011/9/13 Tue. 18:30 ゆうぽうと

おもしろかった。主にバージョンと主役がよかった。キーロフの元の芸術監督ヴィノグラードフは、もともと斬新な動きがどうこうというタイプでなく、演出が得意な人。彼によるこの版はマイムを丁寧に積み重ね、振りもそれに沿ってアクセントをつけているので、たなごころを指すように細かくよくわかるし、ドラマチック。いい『ジゼル』を探しているバレエ団があったら、この版は買いだと思う。もっとも高そうだが(豪華というわけではない)。

この日の主役はファン・ヘミンとコンスタンチン・ノボセロフ。ヘミンはワールド・クラス。世界のトップでないとしても、どこでも安心して主役をまかせられる。新国に来たら小野絢子と二枚看板になりそうとか、そういうレベル。体型がいい上に、パの一つ一つがきれいで水準が高い。この日は調子が悪そうで、回った後脚を下ろすところとかがわずかにブレていたが、サポートのせいもあるのかも。ノボセロフは美しいダンサーで、いかにも若いが、サポートも一通りできるし、美しくサポートするのがいい。高くは跳べないがテクニシャンで、アントルシャ・シスをまったく乱れず何度でも繰り返すし、激しく動いた後でも、決めポーズにものすごく正確にすっと入れる。

ユニバーサルのクラシック演目を見るのは初めてだが、群舞は、正直もう少しできると思っていた。みんな手首が特徴的で、関西人が手の甲でツッコミを入れるような感じに使っている。どのバレエ団にも浮き沈みはあるから、時期がよくなかったのかも。全体にはよく仕込まれているが、仕込まれすぎで、人間性、個性にやや欠ける。ちょうど、昔の東京バレエ団みたいな感じ。ミルタ、ドゥ・ウィリも、特に売りになりそうなポイントがない。

ヒラリオンがよくなかった。あまり考えずに一人で騒ぐタイプ。このバレエ団をメインで指導しているのはエフゲニー・ネフで、脇役の重要性はよくわかっていそうなものなのだが…。

残日程は
  2011/9/15 Thu. 18:30 よこすか芸術劇場
  2011/9/16 Fri. 18:30 市川市文化会館
今回主役だった2人はもう踊らないので、そういう意味では勧めにくい。ただしヒラリオンも代わるから、その点はいいかも。

カーテンコールで、ダンサーより団長のジュリア・ムーン(http://en.wikipedia.org/wiki/Julia_Moon)の方に大喝采だったのにはちょっとがっかりした。もっとも、プログラムも1,000円だし、変な壺を買わされたりはしないので、その点は安心していい。
posted by cadeau at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

ABT『オープニング・ガラ』

2011/7/21 Thu. 18:30 東京文化会館

二人いるピアニストのうち、ノイマイヤー『椿姫』3幕パ・ド・ドゥ(ジュリー・ケント/マルセロ・ゴメス)とウィールドンの『Thirteen Diversions』でピアノを弾いたイーゴリ・シェヴツォフがすごい。音の粒立ちがどうこうと言うより、とにかく楽器が全身全霊で鳴っている。とうていオケピットで鳴っているとは思えない。舞台上でたいしたことが行われていない(ジュリー・ケントもそこそこいいが、先日のアイシュヴァルトとは比べられない)こともあり、オケピットの方ばっかり見てしまった。

してみると、こないだルグリBプロの同じ『椿姫』(2幕パ・ド・ドゥ)で聞いたピアノって一体何だったんだ? ずいぶんモゴモゴした音がするが、まあそんなにひどくはないなと思っていた。だがこっちを聞いてしまうと、もう同じピアニストとは思えない。出てくる音が違いすぎる。ボリショイから指揮者が来るとき、ハーピストを連れてくることが一時期よくあって、「なるほど日本にはいいハーピストはいないんだな」と思ったものだったが、ピアニストまでいないとは知らなかった。

現在のABTがどんな状態かは全幕で群舞を見てみないとなんとも言えないが、ソリスト陣はかなり充実している。『アレグロ・ブリランテ』のアンサンブルを見ても、みなアメリカンなりに体の使い方がちゃんとしていて、ちょっとびっくりした。

男性は特に充実した時期で、『アレグロ・ブリランテ』のコリー・スターンズは美しい姿態と端整なテクニック、『ディアナとアクテオン』のカレーニョも、引退するとはとうてい思えないダイナミックさ、『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』のコレーラも鮮やかな切れ味。

女性もなかなかで、『アレグロ・ブリランテ』のヘレーラも、大きな踊りはそのままに、ずいぶん折り目正しくなった。『ディアナとアクテオン』のレイエスなんて、内心もうトシかと危惧していたのだが、キューバ人はすごいなー。サイボーグでもこんなにはできないだろう。最近はポワントを棒高跳びの棒のように使って、オフバランスになるまでの間がアラベスクのバランスでござい、ってなダンサーが(特に日本には)多いのだけど、レイエスは一息で大きくポワントに乗って、そのままそこで静止するのですよ。物理法則をねじ曲げてる。コーダのグランフエッテに至っては、1回まわっては“シェー”ピルエットのダブルというのを、いささかもぐらつかずに数回繰り返し、そこからサポーテッド・ピルエットをカレーニョが「いつもより多く回しております」とやって、片手だけ添えて惰性で数回転、ときたもんだ。いや本当にお見それしました。テクニシャンとはこういうのを言うのだ。最近の変な宣伝のおかげでタマラ・ロホが回り物のスペシャリストだなんて思ってる人は、本当に認識を改めてほしい。タマラのよさはそこじゃない。もっとも、レイエスもただの技術屋ではなく、演劇性にも優れている。だからこそ今回、一人だけ『ドン・キホーテ』とともに『ロミジュリ』も踊るわけ。

『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』を踊ったイザベラ・ボイルストンも相当なものだ。腿がよく動き、膝を常に高く使える。曲が少し速めだったので、多少蹴りながら踊っていたが、たとえばガルグイヤール(跳んで両脚ロン・デ・ジャンブ)も、膝を高く上げる時間がなくてもロン・デ・ジャンブはきちんとやるという風に、ものすごくきっちりした人。バランスを崩したところが一箇所あったが、シンシア・ハーヴェイ以来の偉大なアメリカ人バレリーナになることは間違いないだろう。

振付について。ラトマンスキー版『くるみ割り人形』はちょっと中途半端。テクニカル方向に振るなら、香港バレエのジェフリーズ版の方がやり切っている。ウィールドンの振付は動きの流れがなく、ポーズの連鎖だけ。ビントレーのダメな作品群(『エドワード2世』とか)に近いものを感じた。ミルピエも同じような印象。そのへんがヨーロッパの新作バレエとの違いなんだと言えばそうなんだけどねえ。
posted by cadeau at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

2011年6月前半の観劇記

2011/06/04 (土) 14:00 新国立劇場小劇場
ダンスカンパニーDeux『山名たみえダンスフレグランス2011』
若いダンサーほどゲンダイブヨウのお約束に従った動きをするのはなぜなのか。山名の自作ソロ作品では、形としてはそういうお約束があっても、動きはその場で自然発生している。ためらう動きなどがなかなか面白かった。

2011/06/10 (金) 19:30 KAAT神奈川芸術劇場
エルマン・ディエフュイス『イエス・キリストによると』
男女が(ときには日本人エキストラの助けを借りて)泰西名画の宗教画の形をしてみせるのだが、これがけっこうおもしろい。一つには宗教画パロディということのおもしろさがあり、数々の宗教画やイコノロジーにやたらに詳しければさらに楽しめたかも。もっとも、そんな観客は世界的にもごく少数派だろう。
宗教画に描かれる姿勢が妙に不自然であることは常々疑問だった。ここではそれもからかいの対象になっているが、それにとどまらず、そのポーズが西洋人の体躯で実現されることで、コントラポストや蛇状曲線が実際にはどのように実施されるのかを検分できるおもしろさがあった。さらに、ポーズからポーズへの移行の動きは、ギリシャ彫刻的に仮想された重心や関節の静的な取り扱いを、実時間内の動きに敷衍したときに、何が立ち現れるかを示していた。そういう意味で、これはダンス基礎論、つまりダンスの基礎を理論付ける考察であり、ダンスの本質の現前に(わずかながら)立ち会える貴重な時間だった。
構成はキリストの誕生から復活までを追っていくもので、最後は、一人横たえられたキリストがやがてむっくり起き上がり、光の方へ歩み去るところで終わるのだが、せっかくならその後、街道で弟子たちとすれ違って弟子たちが驚愕するところまでやってほしかった。その場面がおもしろそうというだけではない。死者が生き返るという奇跡が重要なのではなく、その結果が日常化される(弟子がそれを自分にとっての真実として受け入れる)ことこそがキリスト教の端緒だからだ。だから、それがないとキリストがキリストっぽくならない。「人はキリストに生まれるのではない。キリストになるのだ」とボーヴォワールも言っている(わけない)。

2011/06/11 (土) 15:00 ゆうぽうと
牧阿佐美バレエ団『白鳥の湖』
青山季可/京當侑一籠
気のせいかもしれないが、踊り方が変わったような気がする。牧の踊り方というのは一種独特で、アラベスクが特に特徴的。外に出てしまった上野水香や橘るみのアラベスクがわかりやすいが、背中をまっすぐ立てて脚を強く引き上げる結果、開いたY字のようになり、腰が開き気味になる。ところがところが、今回の牧はみな腰がしっかり入り、背中を上の方から反っている。脚もおおむね水平までしか上げない。また、洋の東西を問わず、足首をこねるパドブレが多く見られるが、青山はロシア風に脚を膝から使ってパドブレしていた。
急に大きく変わるわけはないので、気のせいか、席位置による角度のせいなのかもしれないが、それはともかく、腰が入るとアラベスクに三次元的な広がりが出るので、脚を引かなくてもふくらみが出て、かえって脚が長く見える。吉岡まな美など脚が何メートルあるのかと思った。
青山季可は昔から天才少女の名をほしいままにしてきた人だが、その技術力の高さが今回ほど芸術性に結びついたことはないと思う。アティテュードからそのまま回って軸がぶれないので実にきれい。ポワントに乗ってもまったく危なげないので、安心してフォルムを嘆賞できる。グランフエッテも大きく滑らかで、まったく無理がない。演劇的には「なんとなくよかった」くらいの感想しかないが、それはあえて強い個性を打ち出そうとする邪心がなかったことを意味すると思う。技術的にノーミスというわけではないが、そんなことどうでもいい。おそらくそれは避けられないトレードオフだろう。このまま行けば、自然に表現が深みを増していくと思う。文化庁の在外派遣研修制度でロイヤルに行っていた伊藤友季子がもうすぐ帰ってくるが、現状では青山が第一キャストにふさわしいのではないか。
それにしてもこのバレエ団の若手はすごいレベル。視線を吸い寄せる茂田絵美子の魔的なスピード感覚、難しいことをあまりにも平易にこなす坂本春香、脚捌きが清潔で軸の細い中家正博。久保茉莉恵はパ・ド・トロワを清楚に抑え目に踊っていたが、そういう風に踊るとこの人にも魅力があるなと思った。いまのところ、管見ではやはり茂田が一番手。坂本は重要な役だとパッとしない。考えなくても何でもできてしまうと、いざ考えなきゃいけないときにうまくいかないということなのかな。中家は、ワガノワの公演で見たときには、王子タイプのダンサーには見えなかったのだけど、もうそれほど待たずに王子役ができそう。
京当もサポートがスムーズになってよかったのだけれど、青山は、やはり最近サポートも含めて進境著しい菊地研との組合せで見たい。

2011/06/12 (日) 15:00 STスポット
未来.Co『The Trip to Aurora』
吾妻橋系に支持されてきた女子3人組グループPINKのメンバーで、文化庁の在外派遣研修制度でベルリンに2年行っていた磯島未来が立ち上げた、女子4人のユニットの旗揚げ公演。
どんなことをやるのかなと思ったが、スカートに中ヒールで出てきて、歩いては止まり、方向を変えてそれを繰り返すとか、突然ハデにぶっ倒れるとか、「え? いまどき?」てな感じの80分。新しけりゃいいというわけでもないが、ある風潮の限界が反省されて新しいものが出てくるんだから、昔と同じようなことをするんなら、なんらかの思考の跡が見えなきゃいけない。その点、今回やったことって全部、ベルリンに行く前の磯島にも既にあった要素なんじゃないの。そうすると国費で2年間ベルリンに行っていた意味があるのか疑問になってくる。
もっとも、在外派遣に採用されるかどうかには運も大きく作用する。たまたま2年派遣の枠に応募した人が少なければ、予算を消化するために誰でも通すしかない。逆に言えば、予算を消化しただけでも、未消化による予算削減を未然に防ぐ功績があったと言える(まあそこに納税者の視点はないのだけど)。だから、磯島が700万円貰って2年間外国で生活が保障されたのは、単にラッキーだっただけで、誰が悪いわけでもない。
奈良美智の描く不機嫌な少女のような雰囲気を持つ磯島は、もともと内面に何かを持っている人だったと思う。ただ、それが何なのか、自身でもつかみあぐねていた。それをベルリンで自分の中から引っ張り出してきてほしかったわけだが、最悪、ベルリンになくして来たのでなければよい。
posted by cadeau at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

日本版アーツカウンシル案への意見募集について

冒頭から横着するが、fringe.jpから引用する(http://fringe.jp/blog/archives/2011/06/04135102.html)。
日本芸術文化振興会が、「文化芸術活動への助成に係る新たな審査・評価等の仕組みの在り方について(報告書案)」に関する意見募集を6月8日締切で実施中だ。今年度から音楽・舞踊分野で試行が始まる日本版アーツカウンシル案へのパブリックコメントである。
アートマネジメントは一つの専門分野で、正直言って私にはよくわからないのだが、多少コメントすべきことがあるので書き付けておく。ただし、雑駁な理解に基づいたものにすぎないことをお断りしておく。

この件について、ネット上でさまざまな関係者によるいろいろな意見を見かけるが、芸術文化振興基金のWebサイト(http://www.ntj.jac.go.jp/kikin/info.html)にある、「文化芸術活動への助成に係る審査・評価に関する調査研究会」過去8回分の議事次第および配付資料を全部読んだのか疑問に思うものが多い。上記報告書案は、過去8回分の議事内容を総花的にまとめたもののようなので、これらを読んでおくと理解が早い。特に第一回の資料が重要。その末尾についている高萩宏氏の提言がわかりやすい。第二回以降のヒアリングも興味深いので、斜め読み程度にでも見ておくとよい。

今回の改革のポイントはいろいろあるようだが、なんと言っても目玉は日本版アーツカウンシル制度に向けた、プログラムディレクター(PD)、プログラムオフィサー(PO)の導入だろう(さらに、それらを補佐する「調査員」という職もある)。その業務内容が資料からは今一つよくわからないのだが、「PDやPO等には、現場の実情を十分把握しており、アートマネジメント等の経験もある、芸術家や文化芸術団体関係者、文化政策等の研究者や学識経験者等の専門家が望ましいと考えられる」とされていることから逆算すればある程度の目星はつく。

要するに、従来の助成金審査委員(部会委員、専門委員)は芸術家と批評家だったところに、制作系の実務者や文化助成の専門家の意見を取り入れようということらしい。実際の金の使い方がわかる人材を入れることによって、近年報道されたような助成金の不正使用を防いだり、より実効性のある助成につなげたりしようというのだろう。これに合わせて、公演赤字の穴埋め的な助成という性格も見直されると聞く。赤字かどうかなどという外形的な問題にとどまらない、一歩踏み込んだ助成をしようとすれば、公演制作やお金の使い方の実態を知悉した人材が必要になるわけだ。これはいいことだと思う。

ただし、助成対象の選定という点では、PDやPOの導入が改善要因にならないことは明らかだ。この人たちの場合、対象分野の公演を幅広く見ていないため、応募団体の活動実績の質的評価ができないという問題があるからだ。PDやPOは審査委員に対する助言機能のみが求められ、決定権はないとされているが、私としては、上記の点からそれが当然と思う。

もっとも、PDやPOが採用後に対象分野の公演を幅広く見て、将来的に対象の選定に参画するのは望ましいことだろう。ただ、現状で想定されている週2回の非常勤勤務程度で対象分野の公演を幅広く見ることが可能かどうかは疑問だ。舞踊の場合で言うと、バレエとコンテンポラリーダンスは分担となるもようだが、バレエなら年間80〜100本(外来を含まないが地域の公演がある)、コンテンポラリーなら年間120本くらい見れば、だいたい対象分野の公演を幅広く見たことになると思う。批評家を含むハードなシアターゴウアーからすればこの数字は超楽勝なのだが、それを週2日に収めるのは難しそうだ。舞踊の場合、(演劇と違って)一日3本のハシゴは通常無理で、日曜ソワレがほとんどないことを考えると、3本/週が上限であり(土曜日に2本、他のいずれかの曜日に1本)、年間の観劇可能本数は156本がほぼ理論的最大値ということになる。地域の公演を見に行くとハシゴが難しくなるし、そもそもPDやPOには本来の業務(助成対象公演の現地調査=観劇含む)もあるのだから、その中で上記の数を見るのはまず無理だろう。観劇については週2日に収めなくてもよいという考え方もあるだろうがその場合、その分は無給(どころか、職務範囲外なのでチケット代や経費は持ち出し)ということになるが、それでいいのか。やはり、少なくともPDやPOが非常勤のうちは、助言機能にとどめるほかないと思われる。

頭書の報告書案でも、特に地域の公演について、審査委員がろくに見に来ないで、助成に応募しても落とされる点が、問題として挙げられているが、それはPDやPOとは別の工夫により解決を図るべきだと思う。

なお、PD、PO、および調査員の公募はかなり早期に開始されるかもしれない。なんと言っても、この8月中には「事業の実績等の調査分析/助成の基本的な方向性案/審査基準案」を作成し、9月上旬開催の専門委員会に提出しなければならないのだ。パブリックコメントの〆切は6月8日だが、それから一週間たったくらいでいきなり募集が開始されても慌てないよう、志望者は心の準備をしておいてほしい。というか、ある程度目星を付けた候補者に対して基金側からすでに内々に応募の勧誘や打診がされていても私は驚かない。もしそうなら、一般の応募者はそれと競わなければならないのだから、早めに準備を進める必要がある。
posted by cadeau at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。